サヴァスロ /対人戦の攻略・大型使い魔

サヴァスロ /対人戦の攻略・大型使い魔

はい、どうも雨宮です。

今回はサヴァスロのお話となります。

私の周りでもサヴァスロを始めたフレが居るので、
それに伴った初心者に向けての記事となります。

 

対人戦/攻略の立ち回りとは

下記の画像を見ていただきたい。

下記は試合開幕の状況なのだが、初心者のレート戦内において、

開幕の瞬間にすぐカードを出す人が多い印象だ。

kouryaku

上記の青枠のマナゲージが、

下記の画像のようにMaxになったタイミングで、

まずは自分が作成したデッキの攻め方をプラン通りに展開したほうがおすすめだ。

kouryaku

マナゲージが完全に溜まったら、

以降の選択肢はユーザー次第だ。

  1. 初手に軸となる大型使い魔を出す?
  2. 中型使い魔を複数出して攻めの形を展開させる?
  3. 小型使い魔から牽制で出し、相手がどんなカードを持っているかを見る?
  4. 相手の出方を待つ?

 

現環境の愚策を注視していこう。

現環境/実は初手に大型使い魔を出すのは愚策

kouryaku

サーヴァントオブスローンズというゲームがリリースされた当初

初心者レート帯で 猛威を振るったバハムートだが、

現環境では攻撃範囲もナーフ(弱体化)されたため、当時ほどの脅威ではなくなった

 

そもそも初心者レート帯での大型使い魔の序盤召喚は脅威ではない

kouryaku
画像を見てわかる通り、 カードにはレベルという概念がある

初心者レート帯では、レジェンドクラスの大型使い魔はレベルが低いため、

レート戦ではそこまでの脅威にならない。

 

そもそも、現環境では受けの認知度が広まっているため、

バハムートなどの使い魔の序盤投下に至っては簡単に対処されてしまうのもある。
kouryakuvs kouryaku + kouryaku

 ※下記は対処方の一例を動画として出しているkouryaku

 

上記を見ての通り、

9コストのバハムートに対し、

kouryaku

3コストのライオン2コストの槍ブラウニー

9コストの敵使い魔を倒せているのがわかるだろうか。

kouryaku kouryaku

この時点で相手よりも4マナほどアドバンテージが取れているのはデカイ。

逆に言えば、

大型使い魔の単騎投下はやめた方がいいということだ。

 

しかしながら、

運用方法によっては刺さることがある。その運用方法とは、

 

高コスト使い魔は自陣の最奥に出し、橋で仲間と合流させろ

kouryaku

 

バハムートは攻撃役というより、壁役として使ったほうが安定して刺さる時が多い

下記の画像のように、マナMax状態でバハムートを奥に配置

kouryaku

 

橋の(青枠)箇所に差し掛かったらコスト3~4の使い魔と合流させよう。

単騎で大型使い魔を投げるよりは、味方の使い魔と合流させたほうが良い。

kouryaku

上記の方法であれば、 ギリギリコスト5の使い魔も召喚できるが、

バハムートが橋まで到着するのと同時に投げるのであれば、

コスト4の方が余裕をもって配置しやすいため、ここではコスト4使い魔の画像を載せているぞ。

 

 

まとめ/初心者がまず初めにやることは?

カードの種類を覚える。カードゲームはまずこれに尽きる。

その次に、立ち回りを覚える事だろう。

カードの種類、何を覚えるかというと、

  1. 空中使い魔へ攻撃可能か、地上使い魔へ攻撃可能か
  2. 単体攻撃のカードと範囲攻撃のカード
  3. 攻撃スペルカード

始めは、上記を覚えることに徹しても良し。

 

おそらくだが、幼少時、

将棋やらチェスやらを触ったことがあるという人は少なくないのではないだろうか。

その時、駒の種類をまず初めに覚えたはずだ。

この駒はどう動くか~」など。

それと同じことで、まずカードをある程度覚えないと、面白さを知ることは難しい気もする。

(※まぁ、覚えて楽しくなる娯楽は、ゲームだけに限らない話ではあると思うが)

 

なので私はまず、

ゲームをやりながら、駒の種類を覚えていくことをオススメする

対人戦なので、相手も負けたくないため勝つために動く

そういう事情もあるため、始めは勝てないかもしれないが、

ある時を境に全てが観える時が来る。

ちょうど英語の授業でわからなかった英語が、ある時を境にふと、内容がわかるソレと同じだ。

対人戦の醍醐味は、ちょうどその時を境に起きると思う。

 

私はサヴァスロ以外にも、

FPS・TPS・MOBA・TCG、本当に様々な分野のゲームを遊んでいるが、

全ての対人戦で共通しているのはソレだ。

 

対人戦の楽しさ、感じ方は、実は人それぞれ違う事が多い。

この記事を読んでいるあなた自身、まだ、その楽しさを見い出せていないのであれば、

是非とも、その感覚を得て、自身のゲームライフを充実させてほしい事を願う。

 

 

雨宮

サヴァスロカテゴリの最新記事