サヴァスロ – 今回は4枚?!/七つの大罪コラボカード

サヴァスロ – 今回は4枚?!/七つの大罪コラボカード

はい、どーも雨宮です。

 

運営の最新情報が紹介されたので、

前回のカード予想と答え合わせしながら見ていきましょうか。

 

前回書いたコラボカード予想の話:
サヴァスロ – 七つの大罪コラボ/カード予想

 

今回は4枚?!/七つの大罪コラボカード

kousiki-nanatunotaizai kousiki-nanatunotaizai kousiki-nanatunotaizai kousiki-nanatunotaizai

公式サイト:七つの大罪コラボ特設サイトより

ファー!!www

豚(ホーク)はいってるうううううw

 

まさかのホークwww

カード予想外したとかいうレベルじゃねぇ・・・w

まさかの4枚目ww

運営やりますねぇ・・w

 

では気を取り直して左から一枚ずつ見ていきましょうかw

 

憤怒の罪(ドラゴン・シン)のメリオダス

kousiki-nanatunotaizai

コスト:6
移動タイプ:地上モード→飛行モード
攻撃:単体(地上時)→範囲(飛行時)
攻撃対象:地上攻撃(地上時)→空中攻撃(飛行時)

 

メリオダス/魔人の力

 

全反射≪フルカウンター≫じゃないんかーいw

 

さておき、

下記を見ていこう。

※公式のサイト情報を参考にしているぞ!サヴァスロ公式/Youtube:メリオダス 性能紹介動画

動画を見ていただければわかると思うが、

  1. 地上モードは単体攻撃なのだが、
  2. 一度HP0になると魔人の力が発動
  3. 発動後は空中使い魔となり、空中モードに移行する。
    空中モードは範囲攻撃になるぞ

 

地上モードと空中モードをいかに盤面を狙って使えるか

ということが試されるだろう。

 

そういえば似たようなカードあったなぁ・・・w

kousiki-nanatunotaizai

カイムは空中モード(範囲攻撃)スタートで、

一度倒されると地上モードに移行し、

単体攻撃に変化するカードだ。

レート戦で高レベルのカイムに当たったら正直対応キツイカードでもある。

筆者はカイムのカードを持っていないので、

今回のコラボで是非メリオダスを引いていきたいというところだ

 

女神の使途/エリザベス

 

kousiki-nanatunotaizai

コスト:3
移動タイプ:地上
攻撃タイプ:単体
攻撃対象:地上・空中

 

エリザベス/対象をスタン

回復しないのかyo!w

予想かすってすらいない!(ババーン!!)

サヴァスロ公式/Youtube:エリザベス 性能紹介動画

地上か空中の敵単体使い魔に対し、

スタン攻撃で相手の行動を止める能力との事。

(うーん・・しかし・・回復キャラだとおもったんですけどねぇ・・w)

 

 

アンドロメダと何が違う?

kousiki-nanatunotaizai

4コス:アンドロメダ→範囲攻撃(スタン)

3コス:エリザベス→単体攻撃(スタン)

 

分かりやすく言うと、

ラグナロクを入れている相手であれば、

スタンキャラはいたほうが良い

しかし、もし

ラグナロクが相手のデッキに入っていなかったら?

 

アンドロメダに至っては範囲攻撃であるため、

群れの除去対策として投げる選択肢もある、だが、

エリザベスは単体攻撃だ。それゆえ、

使いどころは限られるのではないだろうか。

 

しかし、もし、

プルートやガウェイン、ラグナロクのいずれかが、

相手のデッキに100%入っているのであれば、

デッキコストを無駄なく回す事ができるはずだ。

汎用性が限られる代わりに、

3コスのメタキャラとしては

これ以上のスタン持ち使い魔はいないだろう。

コラボが始まったら改めて要チェックだ!

 

暴食の罪(ボア・シン)のマーリン

今回最もトリッキーなカードがマーリンだろう。

これは揺るがない。

理由は下記で説明していこう。

kousiki-nanatunotaizai

コスト:3
移動タイプ:特殊
攻撃タイプ:単体攻撃
攻撃対象:地上・空中

 

詳細
スペルと記載されているが、
盤面に出撃が可能な使い魔。

前述の通り、システム上はスペル扱いのため
どこにでも召喚可能なカードと言えるだろう。

 

マーリン/完璧なる立方体≪パーフェクト・キューブ≫

サヴァスロ公式/Youtube:完璧なる立方体/マーリン 性能紹介動画

スペル扱いのため、

相手の本陣に投下が可能である。

 

スタン不要でタゲを変更する力がある?

強すぎる・・・w(小並感)

ガウェインのタゲも頑張って取る必要も、

ニド突進のタゲもこれで何とかなる・・・w(気がする)

あ、ごめん、相手がスケルトン軍団だからだ(おい)

ふつうにスタン必要か(雑な訂正)

 

逆にやられたらどうするか

これ、

こっちがガウェイン使ってる時マーリン使われた場合、

召喚されるキューブ発動している間

つまり

“スペルとしてキューブが起動しているのか”

“使い魔としてキューブが起動されているのか”で、

かなり対応が違う気がする。

 

敵陣営に入ったら暴風を使って、

敵マナタワーに、自陣営の範囲持ち使い魔の

範囲攻撃が当たる位置まで調整させる必要あるかも

kousiki-nanatunotaizai

まぁとはいえ、

やはりコラボが始まって実際にカードを使ってみないと何ともだ。

 

マーリンは特に要チェックだ!

 

運営の隠し玉/まさかの4枚目:ホーク

kousiki-nanatunotaizai

コスト:2
移動タイプ:地上
攻撃タイプ:単体
攻撃対象:地上

 

いや、ごめん、すっげーかわいいんだけど(←)

これ普通に女性キャラよりもかわいいと思うのは

私が動物好きだからか(←豚ではないけど猫飼ってる)

 

さて、本題に移ろう

 

おそらく今回のコラボカードで

最も汎用性が高いカードはこのカワイイ豚

能力:速い攻撃速度で攻撃し、攻撃が当たった相手を吹き飛ばす。

対地上特化のホークは今後のゲームの環境を大きく左右する?

※【改めて訂正だ!】 運営の公式カード情報がリークされたので再更新だ! イージスなどの大型使い魔は吹っ飛ばせないと訂正しておくぞ!

kousiki-nanatunotaizai kousiki-nanatunotaizai kousiki-nanatunotaizai

動画で起用されているトリシューラの攻撃速度は「1.8秒」。

一撃もホークにあてることができず

後退させられているのがわかる。

 

今後「攻撃速度1.8秒」の高火力地上使い魔は、

この豚(おい)確実にメタられる。

2コスの汎用性の高いホークが、

七つの大罪コラボの強キャラかもしれん疑惑が現在浮上している(←)

 

塔攻撃特化のアカズキンや、

中型使い魔、イージスの天敵になることは間違いないだろう。

※冒頭にも記載しているが運営の公式カード情報がリークされたので再更新だ! 大型使い魔は吹っ飛ばせないらしいと訂正しておくぞ!b

とはいえ、コスト2で中型使い魔までの均衡は崩せるのは良い。

ホークは確実に手に入れたいカードだ。

と思ったら運営がプレゼントしてくれるらしい

やったー!!!(←)
他にもいくつか最新情報があるので、

運営の特設サイトを是非ともチェックしておきたい。

サヴァスロ公式:七つの大罪/コラボ特設サイト

 

まとめ

今回の七つの大罪コラボは、

メリオダスの戦闘モード新たなスタンカード

マーリンのこれまでゲームに存在しなかったスタイルのカード

そして地上使い魔メタの汎用性の高いホーク

ゲームとしてもなかなか楽しくなりそうだ。

 

限定カードばかりの件

本日七つの大罪の新情報の生放送があったが、

その際、ある視聴者のコメントが見えた

限定カードばっかり、限定じゃないカード追加してくれ」と。

 

落ち着いてよく考えてみてくれ、

シャドバなどは3か月に一回の大型アップデート(大規模カード投下)がなされている

サヴァスロはどうだろう。

ギアスコラボが実施される月の前ぐらいにアンケート調査があったのを

覚えているプレイヤーはいるだろうか?

 

ギアスコラボが仮に、

運営の方針変化1回目(ひと月目)、

七つの大罪が二か月目、では次回、

つまり三回目(三か月目)は?

 

もし大規模なカードの投下(カードパック第二弾)があったなら、

おそらく筆者はいい意味で震える。

 

これはただの私の推測であるため何とも言えないが、

しかしながら是非とも温かい目で見ていこうではないか。

 

ひとまずは、

目の前の七つの大罪コラボを楽しむこととしようw

話はそれからでもいいだろうw

 

雨宮

 

サヴァスロカテゴリの最新記事