サヴァスロ – Rage東日本予選/災厄炎柱

サヴァスロ – Rage東日本予選/災厄炎柱


どうも、雨宮です。
最近仕事が繁忙期なので、あんまり更新できてませんが、
本日はサヴァスロの記事となります。

 

Rage東日本予選にて、面白いデッキがあったのでここで紹介。

破滅の炎柱を入れるという選択肢

saiyakuentyuu
最近ほとんど見なかったカードだが、

東日本予選で使われているのを筆者もLIVE中継で見た次第だ。

それ以降、

環境的に炎柱を起用しているデッキを最近よく見るようになった感じはする。

 

災厄の塔と合わせる破滅の炎中とは

saiyakuentyuusaiyakuentyuu

災厄の塔を置く
saiyakuentyuu

相手が災厄の塔のタゲを反らす使い魔を投下する
saiyakuentyuu

 

現在の災厄のターゲットは敵の使い魔を見ている。

通常なら、

災厄の塔がターゲットしてほしいのは敵のマナタワーであるが、

これだと普通に敵に対応されていて気持ちよくない。

saiyakuentyuu

 

ここで、破滅の炎柱を展開させる。

標的は、災厄の塔がターゲットしている敵の使い魔。

saiyakuentyuu

 

こうすることで、敵の受けの使い魔が後方に吹っ飛ぶ

saiyakuentyuu

災厄の攻撃が敵のマナタワーも攻撃範囲に捉えるので

そのまま敵マナタワーも削ることができる。

saiyakuentyuu

 

この使い方は割と面白いなーと思いました。

災厄の受けはライオンなど、それなりのHPを積んだ低コスト使い魔であり、

対応されると災厄の塔が不完全燃焼状態でした、しかし、

破滅の炎柱をうまく使うことによって、

災厄の投下目的をうまく燃焼させる事ができるという。

かなり面白い回し方ですねw

 

この環境で神雷を採用する新型災厄ミラー

saiyakuentyuu

相手が災厄を置いてきたところで

saiyakuentyuu

 

敵のマナタワーを巻き込む形で神雷を撃つ。
saiyakuentyuu

 

ただ、これは神雷の範囲に敵の災厄が居ればの話で、

別で敵の使い魔が複数いたり、大型使い魔を出してきたところで、

災厄と敵の使い魔を一斉除去する撃ち方もある。

 

 

まとめ

東日本予選は様々な打ち方があったので非常に面白かった。

(Live中継で見てたが。)

いろいろな災厄合わせがあるので、

トレイシー(災厄ミラー)でも戦っていけるデッキを構築したいと思う。

明日はRage本戦らしいので、楽しみだ。

 

雨宮


 

サヴァスロカテゴリの最新記事